回転する現金化!商品券をクレジットカードで買うと、カードが利用停止になることがあります

クレジットカードを使って現金化を利用する際に気をつけないといけないことは、クレジットカードが利用停止になることです。
クレジットカードが利用停止になってしまうと、ショッピングやキャッシングを利用できなくなりますのでたちまち困ることが明白です。
そうならないために気をつけておかなければならないことをお伝えします。

商品券の購入は利用停止になる可能性が高い

クレジットカードで現金化するためによく考えられるのは、有名デパートの商品券や有名ブランドの商品券をクレジットカードで買って現金に交換することを考えることが多いです。

インターネットで評判の良い安全な現金化業者にも書いているように、この方法ですと、どこの金券ショップで換金してもかなり高い換金率で現金化できます。
さらに、金券ショップで換金しますので審査などは必要はなく手軽に現金を手にすることが考えられます。
確かに簡単に現金を手にすることができて換金率が高いのでしたら、商品券を買ってから金券ショップに持っていけばいいのですが、この方法には問題があります。

クレジットカード会社は現金化することを認めていないということで、クレジットカードの買い物履歴が怪しいと思われたら利用停止になってしまうことがあります。

クレジットカードを現金化するということは、すぐに現金が欲しいという理由からです。
キャッシング枠が上限いっぱいだったり、分割払いの枠がいっぱいでお金に困っているという方もいるのではないでしょうか。

そんな方が商品券を買っている履歴が残ってしまうと、現金化しているのではないかと疑われてしまうのは当然の結果です。

商品券をクレジットカードで買うのはリスクがあることを承知しておきましょう。

商品券を買うなら少額にするか頻繁に買わない

クレジットカードで商品券を買って利用停止にならない方法は、少額の金額を買うようにしておけば利用停止になる可能性が低いと言えます。

さらに付け加えますと、頻繁に買わないようにすることです。
少額の金額で期間を空けて買うようにすれば利用停止になる可能性は低いです。

換金率が高い現金化 換金マスター